2018年01月23日

丸岡いずみさんが婦人公論で不妊治療と代理母出産の体験談を告白

丸岡いずみ代理母出産(婦人公論).jpg

婦人公論 2018年 2/13 号


元日本テレビキャスターで、フリーアナウンサーの丸岡いずみさん(46歳)が、「婦人公論」(2018年2月13日号)で、過去2度の流産経験を告白すると同時に、ロシアで代理母出産により第1子(男の子)が誕生したことを報告したインタビュー記事が掲載。

丸岡いずみと有村昆.jpg


丸岡いずみさんは、2012年、41歳の時に、映画コメンテーターの有村昆さんと結婚。年齢的に、子どもがほしいなら不妊治療をするしかないと考えていたところ、結婚後すぐに自然妊娠したものの、妊娠10週で流産。
その後、丸岡いずみさんは、テレビの報道局で仕事をしていた頃に、不妊治療などの情報に接していたこともあり、体外受精による不妊治療を経て2度目の妊娠をしましたが、2度の流産を経験することになりました。結局、5年にわたる不妊治療を経験しました。そして、子宮内膜が薄いことによる「不育症」の疑いが生じたため、投薬治療を続けていたが、副作用が強かったことなどから、代理母出産を考えるようになり、ロシアでの代理母出産を決意されました。
当初は代理母出産が普及しているアメリカでの出産を計画したものの、代理母を見付けることができず、最終的には、2016年の冬にロシア在住の代理母と契約を結び、凍結保存した受精卵をロシアに運び、2018年1月3日にロシアで、凍結受精卵による代理母出産で3400グラムの第1子長男が誕生。
婦人公論でのインタビュー記事には、数々の不妊治療やその理由、治療による精神状態の変化などの体験談が詳しく述べられています

不妊治療と代理母出産.jpg



代理母出産

代理母出産(だいりははしゅっさん , だいりぼしゅっさん)は、代理出産代理懐胎とも言います。

子どもが欲しくても授からない場合や、不妊治療をしても授からない場合、子宮などの病気により自分で妊娠・出産をすることが難しい場合、出産の選択肢の1つに代理母出産という方法があります。

代理母出産には、サロゲートマザーホストマザーという2種類の方法があります。
サロゲートマザーは、夫の精子から第3者の子宮に人工授精の手技を用いて注入して懐胎させ、この第三者が妻の代わりに妊娠・出産する方法。
ホストマザーは、妻の卵子を体外に取り出し、夫の精子と受精させ、胚となったものを第三者の子宮に移植することによりこの第3者を懐胎させ、この第3者が妻の代わりに妊娠・出産するものです。

代理母出産の問題点としては、代理母に妊娠・出産に関するリスクを負わせることや、代理母が生まれた子供を依頼者夫婦に引き渡したがらないことなどがあります。
また、代理母ビジネスと言われる仲介業者もあり、農村の貧困層女性が高額の報酬を求めて、代理母になることもあるようです。

2018年(平成30年) 1月1日現在、日本では、法的な規制はありませんが、日本産科婦人科学会日本学術会議が「認められない」としており、国内では原則行われていません。
ちなみに、海外で代理出産は認められていない国は、ドイツ、フランス、イタリア、スイス、タイなどです。
代理母出産を許容している国には、アメリカ(一部)、イギリス、オランダ、ベルギー、カナダ、フィンランド、イスラエル、ロシア、アルゼンチン、ブラジル、ニュージーランド、ベトナム、マレーシア、台湾などです。

アメリカでの代理母出産となると渡航費なども含め、費用は、2,000万円程度かかることもあるそうです。










癒しの動画 おすすめチャンネル








小さな幸せ

ありがとう

意味

お気に入りの写真








治療と予防
posted by 妊娠 at 08:56| 不妊症と不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠の情報にもどる。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。