2015年04月16日

りんご病は幼児に多い感染症です。

りんご病は幼児の頃に多い感染症です。
りんご病(伝染性紅斑)意味.jpg





りんご病とは、ヒトパルボウイルスB19というウイルス感染によって起こる発疹性疾患です。正式には、「伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)」で、りんご病という名称は通称です。

幼少児(2歳〜12歳)に多い感染症で、春ごろにかけて流行することが多いようです。

りんご病症状の例は、頬が、りんごのように赤くなり、太ももや腕には赤い斑点やまだら模様ができます。頬が少しかゆくなることもあります。

感染経路は、主に飛沫感染です。潜伏期間5日〜6日で、その後約1週間は無症状ですが、さらに、その後1日〜4日ほどすると発疹が出現するようです。
つまり、感染してから、発疹が出現するまで、16日〜18日ほどかかります。

りんご病は、自然に治ることもありますが、かゆみが強いようなら抗ヒスタミン薬を使うことが多いようです。 ワクチン(予防接種)は、ないようです。

日常生活でできる予防法としては、よく手を洗うことが大事です。










位置情報「伝染性紅斑」(厚生労働省)
http://u111u.info/k1Gz

位置情報感染症の話;伝染性紅斑(リンゴ病)
http://u111u.info/k1Gp











ペン妊娠の情報 妊娠の掲示板

ペン治療と予防



















かわいい小学校受験 掲示板 小学校入試 BBS

かわいい中学受験(小学生の勉強)

かわいい高校受験(中学生の勉強)

かわいい大学受験(高校生の勉強)









揺れるハート小さな幸せ

揺れるハートありがとう









伝染性紅斑(りんご病)とは、ヒトパルボウイルスB19感染によって起こる発疹性疾患です。
posted by 妊娠 at 13:00| 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠の情報にもどる。