2016年12月02日

乳幼児へのタッチングケアの方法と効果

タッチングケア
タッチングケア

💕「1歳からの子どもの発達を促すタッチングケア」


タッチング・ケア、ここでは、ベビータッチングケアとは、マッサージのように、乳幼児と触れ合い成長・発達を促すことです。
親子のスキンシップは、子供の健やかな成長にとって重要です。
(ちなみに、スキンシップという英語はありません。)

この本「1歳からの子どもの発達を促すタッチングケア」では、触覚刺激遊び、自己認知遊び、前庭感覚遊び、模倣遊び、三項関係遊びなど、脳の発達と運動機能を高める25のプログラムがCD付きで実践でき、タッチングケアの方法と効果を確認できます。
リズムに合わせて保護者様も子供さんもスキンシップを楽しめると思います。


<目次>
第1章 おさなごの発達にはどんなケアが必要か
1 おさなごのイメージ
2 乳幼児の生理的な発達と情緒
3 人間の赤ちゃんは生理的早産
4 おさなごの3つの感情と5つの感覚機能
5 感情を充分に表出させる
6 乳児期の5つの情緒
7 赤ちゃんの言葉は涙を流して泣くこと
8 乳児は一時的に発達が足踏み状態や後退することがある
9 情緒発達と子どもの言葉理解
10 「だだこね」は発達の不可避のプロセス
11 「だだこね」への対応と自立心
12 相手の気持ちを思いやる心が育つ交友期
13 自尊感情を育む環境が大切
14 地域社会というコミュニティの中での子育て
15 血液脳関門の形成と有害物質
16 子どもの食生活 2つの重要な栄養素

第2章 親子・園でやってみましょう 愛着形成25のプログラム
対象年齢は1歳半から3歳
注意点
プログラムの効果
チェックポイント

<実践 愛着形成25のプログラム>
プログラム1 触覚刺激遊びと模倣遊び
1 甘えん坊
2 手を出して
3 お風呂
4 りんりんりん
5 すべり台
プログラム2 自己認知と前庭感覚遊び
6 コアラのマーチ
7 すわろう
8 こちょこちょしましょう!
9 いないないばぁ
10 ギッコンバッタン
プログラム3 前庭感覚遊び・三項関係遊び
11 ひっぱれグィ!
12 パパとママ
13 ぶらんこ
14 ボールころころ
15 おさんぽ
プログラム4 2人の大人と楽しみ運動機能を高める
16 あやつり人形
17 うさぎさん
18 水遊び
19 なんでも食べる子
20 ふわふわ風船
プログラム5 愛情の再確認・やりとり遊び・集中力を養う
21 赤ちゃんになって
22 テレビの中はだれかな
23 ハイ! つかまえた
24 輪を飾ろう
25 帽子をかぶろう

第3章 親子で ゆらゆら・ぎゅっぎゅっ体操
体操をはじめる前に
体操のあらまし
体操をしてもらう子ども
1 足の体操
2 おなかの体操
3 指の家族の体操
4 手と腕の体操
5 肩と首と頭の体操

第4章 親子でストレスを軽減するS-ACT(感情表現法)
S-ACT(感情表現法)のあらまし
1 鏡を使ってそれぞれの感情の顔を表現する
2 身体で自分の気持ちを表現する
3 自然の循環と親しみながら、感情表現する

第5章 保育者は子育て支援の扇子の要

第6章 親・子・保育教諭のためのSense評価表









🎁 小さな幸せ

🎁 ありがとう

🎁 意味

















posted by 妊娠 at 17:59| 赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠の情報にもどる。